グループ紹介

茨城県常陸大宮市を拠点にフットサルスクールを展開しております。
メテオロッサとは、スペイン語で流星(Meteoro/メテオーロ)と、薔薇(rosa/ロッサ)を掛け合わせた名前です。
流星のように、一人でも多く輝けるスター選手をMeteorosa Futsal Schoolから目指します。

茨城県水戸市を拠点に県内外で児童発達支援事業を展開しております。
障がいの有無に関わらず、全ての方が活躍できる「ノーマライゼーション社会の実現」という信念をもって、
社会福祉サービスの提供をしております。

クオリティ・オブ・ライフ
常陸大宮支援教室とは?

常陸大宮支援教室

  • 〒319-2144  茨城県常陸大宮市泉328-4
  • TEL.0295-55-8222 / FAX.0295-55-8221
  • 営業時間:9:00~18:00 定休日 日曜・祝日

クオリティ・オブ・ライフでは、障がいの有無に関わらず共に成長できる環境をつくり「個を育てる」ノーマライゼーション社会の実現を目指しております。子ども達に関わる全ての職員が一体となって「生活の質の向上」を支援して参ります。

クラウドファンディング
支援者様一覧

フットサルを活かした
運動療育

一般的な基本的生活習慣は当然のこと、当支援教室ではフットサル、サッカーをJFA(日本サッカー協会)に認められた専門家が直接指導。

放課後等デイサービスとしてはこれまでに無いフットサル療育を行なっていきます。

お子さまの発育発達のカギとなる時期は、ゴールデンエイジと言われる9歳から12歳の頃です。

(3歳から8歳をプレゴールデンエイジ / 13歳から15歳をポストゴールデンエイジと言う)

それぞれの時期で吸収した事は、その後の人間形成の上でとても重要となり、人生を決めると言っても過言ではありません。

※下記URLは以前メテオロッサフットサルスクールHPに投稿した記事です。

※ゴールデンエイジを知ろう

「何を学び何を吸収できたか」を追求し、利用するお子さまや保護者さまにとって「5年後10年後どうなっていたいのか」が決め手となります。


このように、ボールを蹴るといったシンプルな動作にしても障がいを抱えているお子さまにとっては、とても難しい動作になります。自ら考え行動する為の【基礎】を全てフットサルから学べます。

体を動かすことが得意なお子さまはもちろん、苦手なお子さまにとっても前向きに成長が見込まれる療育方法であり、フットサルといった団体スポーツに触れることで【SST】(ソーシャルスキル トレーニング)向上や、対人的コミュニケーションが円滑に行えるといったことが期待されます。

お知らせ

クオリティ・オブ・ライフ
常陸大宮支援教室 ブログ

各種SNS

MENU